テーマ:写真

思い出

(アルバムより) 子どもの頃長い廊下と縁側のある家に憧れました。 お正月やお盆になるとよく本家に(わたしのうちは所謂分家です)遊びに行ったものです。 大きな部屋と長い廊下、少しばかり怖かった仏壇のあるお部屋。 本家は大きなお家........夏休みになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の美しい季節

ロイズ↓こちらは6月の撮影です。近くにあるROYCE'(ロイズ)のガーデンもいま薔薇が満開です。きれい     きれい 店内はおしゃれなチョコレートやお菓子でいっぱいです。イートインスペースでの、無料の珈琲も魅力です。 一気に気温も上がり、北国にも夏の到来です。あしたも天気になぁ〜れ。 このところの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

令和の時代へ

新しい時代の幕開けです。 戦争のない地球でありますよう、 平和で穏やかな令和の時代が続きますよう祈ります。 (庭に咲くビオラ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこかに行きたい病

毎年この時期に発症します(^^) 『どこかに行きたい病』 考えられる原因は「寒いから」 なので、行きたいところはいつも南国~~♪ でも、いまその予定はナシなんです~~😢 旅先の友人から送られてきたヨーロッパでのようすです☆ 暮れのことでしたが、 気温は25度前後ととて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪のち森歩き

澄み切った空の下  近くの森へgo~~急いで急いで 冬の空はすぐに変わってしまうのだから.......... きょうも先へは行かないことに! 次回はもっと歩こう☆お天気が続きそうな日に(^^) 静かな森の中..........トントン トントン  クマゲラ? とっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本来の断・捨・離とは?

そういえば、、、 断・捨・離 という言葉を使っていながら その言葉の由来を知らなかった。 片づけ本のブームに乗ってのことだったけれど、 精神科医の保坂隆氏の著書のなかでその意味を知ることができました。 ここからは保坂隆氏の「老後のシンプル生活術」からの抜粋です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まいにちトマト

まだまだ先のことなのに瑞々しいトマトが恋しいです。 画像は昨年室内で育てていたミニトマトです。 ことしのトマトの苗の購入は今月末の予定。 トマトについて初めて調べてみた。 ナス科の大型の一年草。 南アメリカのアンデス山脈からメキシコにかけての原産といわれ、ペルーやボリビアなどの先住民族インディオによって栽培…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の微睡

春は不安定? 沈んでるような沈みがちのような いたってふつうの時間の流れのはずなのに 春は微睡み そういえばこんなことを聞いたことがある 春はあらゆる生き物たちにエナジーが奪われそうになるのでご用心! もしそうなら 昨年の春はどのように..........     ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街歩き(赤レンガ前)

のんびり街歩きが好きです 札幌ならなおのこと 春夏秋冬 特には大通り公園ですが こちらは赤レンガ前 このようにもう雪はありませんが この日の気温は8度 北国の春は風がとっても冷たい どこかにお花はないかしら こればかりはまだまだ先のことになりますね 赤レンガ(北海道庁旧本庁舎(赤れ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秘境の地へ

個人的な調査のため地図を片手にある地方へ 何十年か前には別荘地として大きく売り出されていたという山林 そこは山手にあるという秘境の地 現在その当時のことを知る人は少ないという 地元の人に聞いたことを頼りに険しい山道を上がって行く 車一台やっと通れるくらいの細い道はクマザサで鬱蒼としている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初雪のことなど

雪のちらついた昨晩から一夜にして別世界☆ まだまだ根雪にはなってほしくないのですが、さて今冬はどうでしょう^^ 庭はすっかり白い風景に........何度も迎えてるはずなのになぜかなつかしい........。 前日にはまだ秋の風景で。 こんなに平等に振りまいてくれて、なんてなん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そろそろ初雪でしょうか

11月に入ると、ことしの初雪はいつかなぁと待ち遠しいような遅くなってほしいような^^ 庭作業から解放されつつあるきょうこのごろ キッチンからの紅い風景にぼんやりのんびりの秋もよう。。。。。     寒くても咲いてくれるんですよね.......... 今週末から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晩秋の庭あれこれ

イチイ(オンコ) 北海道ではオンコといいますが、正しくはイチイです。 子どもの頃、この赤い実を食べたことはありますが、 いまは鳥たちのご馳走?かな~ ユーパトリウム チョコレート 撮り忘れそうになっていた白い花^^ 昨年の撮影からちっとも進歩はなく、このようなありさまです(汗) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモミールのお仲間と?

ことしもはっきりとした名がわからずになりそう........ カモミールの仲間とは思うけどジャーマンカモミールではなさそうで。 これは7月の撮影ですが、コロコロとした白い花はなんとも涼しげです。 現在のようすですが、 切り戻したあとはふんわりとした緑が増え始まます。 わたしのところでは芝生の代わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のわき役たち

コリウス 和名ではニシキジソあるいはキンランジソともいわれる。 ジャワ原産といわれシソ科の多年草。 以前名を思い出せず、いまごろになって、あっそうそうだったわなんてことです^^ 来年に持ち越さずよかったぁ。 アイビー 年々増えて増えて........ 好きな観葉だけど、さて来年は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イヌサフラン

イヌサフラン ユリ科の多年草。ヨーロッパ原産。 観賞用・薬用。 10月、地下の球根から、淡紫色の花だけ開く。 花は直径5センチメートル。漏斗状、6弁。 春、細長い葉3-5枚を出す。 黒色球状の種子はアルカロイドの一種コルヒチンを含む。コルチカム。 ことしもやはり10月に咲き出しました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アスター

アスター エゾギクの園芸上の通称。また、広義にはキク科ノコンギク属植物(その学名)をいう。 多年草。500種を含み、観賞用に栽培されるものが多い。 エゾギク・シオン・ヨメナなど。 との説明ですが、わたしのところではこの三種です。 ですが、その違いがわかってません。 取りあえずは撮影…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋あれこれ

よいお天気! ご近所さんではもう庭の片づけを始めてるところもありますが、 こちらもそろそろかなと焦ります。 体調がいまいちでは無理もできないのですが..........。 いま庭のヒロインは秋明菊かしら。 ピンクは定番のようですが白もいいですね~☆ 秋の花が少ないので撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンギク(段菊)

ダンギク クマツヅラ科の多年草。 九州に自生、また庭園に栽培。 高さ約1メートル。 夏、青紫色の唇形花を格段の葉腋ごとに密生するのでこの名がある。 蘭菊。漢名では蘭香草。 春早く初めて一株植えてみましたが、 夏というより秋になってようやく咲き出しました。 いまからでは1メートルは無理で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゲラタム

アゲラタム キク科アゲラタム属の総称で、一年草、多年草または亜低木。 和名はカッコウアザミ属。 熱帯アメリカに約60種が原産し世界の熱帯や亜熱帯に広く帰化している。 茎頂にアザミに似た頭状花序を形成し、青紫、紫、桃、白などの花色がある。 わたしのところはこのように赤紫色。 この時季次々と咲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リュウキュウツツジ(琉球躑躅)

リュウキュウツツジ ツツジ科の常緑低木。 初夏、表面が純白色で裏面に緑色の斑点のある大きな漏斗状の花を開く。 琉球には自生はなく、おそらく園芸種、観賞用として多く栽培。 とここまで書いてみましたが自信はありません。 似たものに、ワカサギ、ミネノマツカゼなんていうのもありましたが、 わたしの庭に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リグラリア デンタータ・ブリットマリークロフォード

ブリット・マリークロフォードではないかと思われますが。 5月の初旬頃より濃い紫色の葉が見え始めます。 昨年はヒューケラと間違えたり またツワブキではと思ったり、はっきりとした名がなかなかわからずでした。 いろいろ歩き回ってみて、リグラリア デンタータ・ブリットマリークロフォードに行き着きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱線続きになりますが。

ちょっと個人的なことになりますが、 不定期で通っていた語学スクールが近々閉鎖に。 怠け者のわたしがどうして続いてきたのかは、よくわからないけれど、 いまごろになって少々やる気になってきた! 最後の足掻きでしょうか。 毎週いっしょだった知人が辞め、頼ってばかりだった先輩が辞め、 気がつけばとうとうひとりだけのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話は脱線しますが^^

ブログのタイトルからは脱線しますが^^ 冬の間、寒さに耐え切れずよく暖かいところへ脱出するのですが、 この度もほんの少しの間日本を離れてました。 途中、40度ほどの気温差でダウンするも、快適に過ごすことができました。 いつものことだけど、、、、 帰ったあとは抜け殻のようになってしまい、しばらく気力が湧きません …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おねがいもぅ空に帰って~

起きてびっくり(@_@。 明け方から深々と降り続いた雪は極限的な積雪になりました! キッチンから見るいつもの庭ですが、もう手が届きそうです。 半地下のわが家ですが、ほぼ埋まってます。 といいたいくらい一晩に降った雪に驚きとともにため息です。 ご近所中が雪はね(本州では雪かきといいますか?)の一日となりました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のスズメ

毎朝起きがけにぼんやりと庭をながめてますが、 決まって何羽かの雀がやってきます。 めずらしくはない雀を撮影する人は滅多にいないと思うけど、 なぜでしょうね、和みます。 チュンチュンと気忙しく喋んでる姿を見てるだけで平和を感じます 老木の白樺に新芽でもでてるのでしょうか。 雀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

胸を撫で下ろしたこと。

このところの大雪で見渡す限り銀世界。 吹雪のあとの久しぶりの澄み切った空に誘われて、 いつもの森へでかけてみました☆ 鳥たちのことが気になってました。 ヤマガラというのですね! こちらはハシブトガラでしょうか?それともコガラ? 詳しくないんです! それはそうと、、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪と寒さの年末

ことしの冬はホントウに寒いです、しかもこの時期にしては雪も多く、 近年にない北国の冬です! けさも氷点下10度、日中はさらに低く零下の世界でした。 寒さの中、軽装で外に出ると頭の中までしびれます。 それでも、寒さには子どもの頃から慣れてますから「とうとう来たわね!」 と覚悟を決めます。 ということで、庭は雪に埋も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雪降る少し前

雪になる前日はモミジもこんなふうに鮮やかでした! あすには雪かなとあわてての撮影だったけど勘はズバリでした。 初雪のわりには風もともなって一時は大荒れ猛吹雪(@_@。 高速道路の閉鎖や、あちこちで雪の事故など、ことしの初雪には驚かされました。 けさはもうモミジの葉は一枚もなく、前日の記念写真になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more