テーマ:写真

脱線続きになりますが。

ちょっと個人的なことになりますが、 不定期で通っていた語学スクールが近々閉鎖に。 怠け者のわたしがどうして続いてきたのかは、よくわからないけれど、 いまごろになって少々やる気になってきた! 最後の足掻きでしょうか。 毎週いっしょだった知人が辞め、頼ってばかりだった先輩が辞め、 気がつけばとうとうひとりだけのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話は脱線しますが^^

ブログのタイトルからは脱線しますが^^ 冬の間、寒さに耐え切れずよく暖かいところへ脱出するのですが、 この度もほんの少しの間日本を離れてました。 途中、40度ほどの気温差でダウンするも、快適に過ごすことができました。 いつものことだけど、、、、 帰ったあとは抜け殻のようになってしまい、しばらく気力が湧きません …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おねがいもぅ空に帰って~

起きてびっくり(@_@。 明け方から深々と降り続いた雪は極限的な積雪になりました! キッチンから見るいつもの庭ですが、もう手が届きそうです。 半地下のわが家ですが、ほぼ埋まってます。 といいたいくらい一晩に降った雪に驚きとともにため息です。 ご近所中が雪はね(本州では雪かきといいますか?)の一日となりました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のスズメ

毎朝起きがけにぼんやりと庭をながめてますが、 決まって何羽かの雀がやってきます。 めずらしくはない雀を撮影する人は滅多にいないと思うけど、 なぜでしょうね、和みます。 チュンチュンと気忙しく喋んでる姿を見てるだけで平和を感じます 老木の白樺に新芽でもでてるのでしょうか。 雀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

胸を撫で下ろしたこと。

このところの大雪で見渡す限り銀世界。 吹雪のあとの久しぶりの澄み切った空に誘われて、 いつもの森へでかけてみました☆ 鳥たちのことが気になってました。 ヤマガラというのですね! こちらはハシブトガラでしょうか?それともコガラ? 詳しくないんです! それはそうと、、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪と寒さの年末

ことしの冬はホントウに寒いです、しかもこの時期にしては雪も多く、 近年にない北国の冬です! けさも氷点下10度、日中はさらに低く零下の世界でした。 寒さの中、軽装で外に出ると頭の中までしびれます。 それでも、寒さには子どもの頃から慣れてますから「とうとう来たわね!」 と覚悟を決めます。 ということで、庭は雪に埋も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雪降る少し前

雪になる前日はモミジもこんなふうに鮮やかでした! あすには雪かなとあわてての撮影だったけど勘はズバリでした。 初雪のわりには風もともなって一時は大荒れ猛吹雪(@_@。 高速道路の閉鎖や、あちこちで雪の事故など、ことしの初雪には驚かされました。 けさはもうモミジの葉は一枚もなく、前日の記念写真になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森へいこう

濡れた庭をながめながら、歩き回った森のことを考えていた。 暑かったことしの夏。 吹き出す汗を拭いながら、虫たちの襲撃に遭いながら。 そんな夏も過ぎてみれば、もうなつかしい想い出。 野鳥の囀り、木々の軋みや葉音、風の囁きや遠くに見える空。 晴れたら森へいこう。 見覚えありませんか?   (#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花壇  札幌大通公園

庭の作業も日曜日☆ 庭には一歩も下りずパトロールは窓辺から きょうもじっとりの一日でした^^ と前置きは長くなりましたが、、、 画像は「6月の札幌大通り公園」です。 お花がいっぱいです! いつでも手入れがゆき届いていて気持ちがいいです。 大盛況だった大通りのビアガーデンもつい先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リシマキア・ファイヤークラッカー

正式な名称はリシマキア・キリアータ Lysimachia ciliata 。 北米原産で本来は明るい緑葉の植物です。 写真のように葉が黒っぽい品種はファイヤークラッカーの名で流通している。 全体の感じが分かりづらいですね(詑)丈は1m以上になります^^ 葉に特徴があって艶のある黒っぽい茶色の葉は秋になるにつれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュウメイギク

シュウメイギクの蕾が膨らんできました。 きょうも朝から雨もようのどんよりの空(・。・) 庭作業はふたたび夕方になりそう。 ということで無理やりの撮影はシュウメイギク。 これは好きなピンク色 これはどうかなぁ 蕾準備は万端! あとは澄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒューケラじゃなかったぁ(@_@。

花好きの友人からいただいた花をずーっとヒューケラだと思い込んでて(゚o゚;; でもこんな花じゃなかったし........ と花友に聞いてみると知らない!だって    ええー なんだろう~ ちゃんと自分で調べなきゃ(^^) (8/24) 追記:花名が分かりました。 「リグラリア デンタータ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとひと息

暑くて暑くて庭には出られずとうとう夕方になってしまった。 薄暗くなってから雨のあとに伸びた雑草退治^^ あすはまた雨とのことでざざーっと大急ぎで終わらせる。 このところの暑さで撮影はなし( ´ゝ`) 春のアルバムから庭に訪れた野鳥などを! ヒヨドリかしら? あっという間に季節は流れ.......で春のオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の葉っぱたちあれこれ

シマイトスゲ です!と友人からいただきましたが、 そのような名のスゲはみつからずいまだにわかりません^^ 風のなかでさわさわ さわさわ揺れるようすはなんとも風情があります。 きょうのようなあつーい日は涼しさを運んでくれます。 例えようのないじとじととした暑さで朝からくったりです 北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンタウレア・モンタナ

セントーレア・モンタナ Centaurea montana キク科 ヤグルマギク(ケンタウレア)属 古代エジプト第18王朝、 ツタンカーメン王の棺の上にはヤグルマギク、蓮、オリーブ等で作られた花輪が 載せられていたそうです。 ヤグルマギクは王妃のアンケセナーメンが大好きだった花ではないかとの説が ありますが、おふ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハナトラノオ(カクトラノオ)

宿根草で寒さに強い花です。 原産国はアメリカ...... (。-_-。) なるほど、強いかも^^ 色は涼しげでいいですね。 花言葉を調べてみると「特になし」。これにはちょっと笑っちゃいました。 そういえば増やすつもりじゃなくてもどんどん増えちゃいます(@_@。 ありふれたお花なのかしら。 雨の前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカアワダチソウ

色々な意味で、 庭にこの野草があることはちょっと信じられないでしょうね^^ 野原で見かけただけでも嫌われそうなくらいですから(^^) 日本では代萩とも呼ばれ、次節の概要にある通り、切り花用の観賞植物としてハギ(萩)の代用として用いられ、同様に茎を乾燥したものは萩の代用としてすだれなどの材料に利用されていたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭  地を這う緑たち

庭の花たちを水枯れから守ってくれる緑たち。 地を這うように増え、夏は涼しさを演出してくれます。 アイビー ここにも緑を集めて^^ 最後くらいはかわいらしく。 観賞用のイチゴを 『ピンクパンダ』 といいます (^^)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは?

こうして名の知らない花たちとともに暮らしております。 わたしの庭で。 全部の花たちを調べていこうと思います(^^) ブログを励みにして。 近くには森があってよくでかけますが、わたしにとっての遊び場です。 雨上がりの森はどうなっているでしょう。 野鳥やたくさんの植物たちに会いに出かけてみましょうか。 神さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

君の名は?  ふたたび

雨上がりのあと、 艶やかなピンク色の花が開きかけてます。 さて君の名は?ふたたびです^^ きょうは曇り空。 しばらく待ちましょうか。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホザキシモツケ

野草だとは思いますが、花名にちょっと自信がありません。 いろいろ調べてみて間違いないとは思うのですが^^ 長い間自分の庭でながめていながら名も知らず(@_@。 ホザキシモツケは日の当たる湿地帯で自生しているようです。 そんなようすもぜひ見てみたいものです(^^) 庭にある樹齢100年以上(イチイの木、北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウシュヤマゴボウ   毒性があります!

ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたって毒があるそうですが、 なんて恐ろしい植物が我が家の庭に普通にあることでしょう^^ 広すぎる庭にでんと構えてます(笑) ま、いいんですが。 これから実はブルーベリーのように青黒くなり、美味しそうに見えますが、 どうかご用心を! 雨上がりのきょうの空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジバナ

日陰でいくらか湿気のあるところでひっそりと咲くネジバナ。 7-8月にかけて葉が見えてきます。 忘れかけた頃にピンク色の花らしきものが^^ 花は捻れながらくるくる くるくると。 その花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲く「ねじれた花序」が和名の由来とはフリー辞典からです。 消え入りそうなくらいに細っそりとしています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花ですか?

庭を歩き回っていると 時々見覚えのない植物を目にします^^ 毎年のことですが 鳥たちの置き土産かな?と成長を見守ってます。 濃いピンク色の花が咲くところです。 なんでしょうね~ 楽しみ楽しみ あなたはどなた? 雑草?それとも野草? なにやら艶やかそう どちらでも花は花。 観察を続けることにしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズヒキ

撮影に難しいのがこのミズヒキの花^^ ちょうどお盆の頃に咲き出します。 お日さまに湿気が少なくなり 庭のなかで赤い点々が見えると秋が近いと感じます。 さてさて葉のほうはどうかな。 全体はどのように撮ったらいいのかしら? あなたは悩ませてくれますねぇ(@_@。 『和名はこの紅白に見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギボウシ

「落ち着き」「沈静」「静かな人」 とはギボウシの花言葉です。 日陰でも夏が来ると薄紫色の花をつけ、 その姿はしっとりとはしながらも凛として。 ギボウシにはたくさんの種類があるようですが、 我が家ではたった2種類です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイバラ(野ばら)

白い花は爽やかそうですが 増え方はとっても凄まじいです^^ 道端でもよく見かける野ばらですが、狭い庭などでは大変なことに。 庭が広いこともあって半ば放置状態ですが、 将来のことも考えてどうにかしなきゃいけません(--;) 白い花が咲き出すと、 晴れ上がった青い空とのコラボレーションはなかなかいいもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月 庭のハーブたち

ポリジ 花はポタシウムという成分を含み、憂鬱を取り除いてくれます。また、ワインに浮かべると、花は青からピンクに変わります。 葉は、悲しみや憂いを払うと伝えられ、うつ病、ヒポコンデリー(心気症)、腺病質の治療に使われてきましした。 原産地は地中海沿岸。 アップルミント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンパニュラ(八重)

カンパニュラ・ブルーワンダー とっても繊細なお花です 5-6年前に植えた小さな一株でしたが増え方は顕著です。 というのも花屋さんからは越冬は無理ですよと言われてました。 それが1m以上の雪の下でじっと春を待ち、いまでも消えずにいてくれてます。 7月を過ぎてようやく蕾らしいものが見え、開花は8月に入ってからです☆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の花を集めて

記録漏れをした6月の花たちの一部です 花名については後ほど記録することにして 取り敢えず画像だけでも^^ ヒメオドリコソウ ニリンソウ ムシトリナデシコ フウロウソウ ウツギ   (和名 卯の花) シバザクラ ミヤマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more