きのうの続きになりますが(^^)


小豆で思い出したのがお赤飯です。
個人的には小豆のお赤飯が大好きですが、
子どもたちはというと『甘納豆のお赤飯』派。
これは孫たちも同じですね。

甘納豆のお赤飯は北海道や東北地方の一部だそうですが、
山梨県でも甘納豆のお赤飯はよく食べられるそうです。
(↓甘納豆のお赤飯です)

画像



最近では炊飯器で作りますが、本当は昔ながらの蒸し器で作る
小豆入りのお赤飯が大好きです~
この小豆入りのお赤飯を炊飯器でも作りますが、
小豆70gを水洗いし、一度茹でこぼしをしたあと弱火でゆっくりと煮ます。
半煮えくらいになったところで火から下し冷まします。
3合のもち米に対して、粗熱を取った小豆を入れて(小豆の赤い汁もいっしょに)
炊飯器の3合の印まで合わせてスイッチオン☆です。
あさ出来上がりました!

画像



わが家には父や母が育てた小豆が一年じゅうありました。
そんなことからもお手玉は小豆だったのだと思います。

農閑期の冬の間、お汁粉は母が作る大好きなおやつでした~~
こしあんのお汁粉が好物でしたが、
今考えると、あの小豆の皮もったいないです、、、捨ててましたから
ま、それだけ普通に小豆がありましたね。


画像


そんなこんなの話から、近所の友人が、
「羊羹作ったけど食べて』と届けてくれたのです(嬉!)
こちらです↑ それはそれは美味しくて......感動でしたね!!
お店で買った羊羹とまったく違うお味☆
『ちゃんと小豆の味がする』
昔から知っている小豆のお味そのものだったのです。
手作りしたものをすぐにいただく、これは最高の贅沢ですね


きょうは春のような陽気です。

空は青く、風もなく、日差しは燦燦と気温6度はうそのように初夏のよう。。。

それでも、まだまだ雪はありますけどね☃

この先もどうか穏やかな日が続きますようにと祈ります

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック