空の彼方へ

画像





意味もなく沈む日があって......
これも生きている証、なんてそんな風に切り替えられたらいいのだけれど。
こんなときは決まって「なぜ?どうして?わたしはいったい?」の自問自答を繰り返す。
いつものこととはご承知の上だけど。

先日たまたま込み合った飲食店で相席になった高齢のご老人とのことを。

「こちらのお蕎麦おいしいですね」
「はい、わたしにぴったりのお味ですよ」
「よくいらっしゃるのですか?」
「はい、ここはきょう初めてなんですよ」
「そうでしたか」
「実は数年前に片方の目の角膜移植をしましてね」
「仕事上の事故で何年も見えなかったのですよ」
「そうでしたか。いまは見えるんですか?」
「いくらか見えますよ。でもたくさんの種類の薬を使ってのことなんですよ」
「2時間ほど電車やバスを乗り継いで目の経過を見るために定期的に病院に通ってます」

ついこのご老人の人触りのよさに引き込まれてしまい
食事を忘れおしゃべりをしてしまいました。
昨年来からの諸事のためか、
しばらくうつうつとした日を過ごしていたせいか、
頭をが~んと打たれたような気持ちになりました(よい意味で!)

その方の奥さまの三度に渡る大きな手術のことやその介護のことなど。
いちばんの趣味は散歩をしながら写真を撮ることということも。
そういえば、最初にお見かけしたとき「あっ!同じカメラ」と勝手に親近感を。
失礼と思いつつも「おいくつですか?」とお聞きすると、御年90歳とのこと。
もう何年も病院通いで、この街(都会)に来ているうちにカメラとともに散歩もし、
知らないところがないほどになりましたよ。

大らかでその笑顔のなんてすてきなことでしょう。
いろいろおしゃべりをしたあと、
「どうかいつまでもお元気で」とごあいさつをすると、
「あんたさんも元気でいてくださいな」..........。
わたしは目頭が熱くなり、涙がこぼれそうになりました。
このような涙をなんと表わしたらいいのかわからないけれど、
どれだけ自分がちっぽけで弱虫なことかと感じたことでしょう。

あのうつうつは、この日の吸い込まれそうな青い空のどこかに飛んでいきました。
あたたかいひと時に感謝しております。

またいつかこの街のどこかで会いましょう。




ほんの少しのことで心が洗われます、小さな出来事に感動します。
しばらく読書からも音楽からも遠ざかり、そして書くことからも距離を置き、
でも書きたいという意欲がまだ残っていたようです。
ブログのタイトルからは外れてしまいましたが、読んでいただけたとしたらうれしいです。


さあかけがいのない一日の始まりです。
雨が降りてこないうちに、きょうの作業も始めなくちゃ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

toyuki
2014年10月05日 17:24
素敵な出会いですねぇ
何気ない出会いの中で感じられた想い伝わりましたよ~
日々の暮らしの中で色んな事が起こって混乱したり
悩んだりと・・・
心温まるお話、有難う御座いました^^
2014年10月06日 08:26
toyukiさん☆

北国便りのサイトではよく書いてましたが、
このところはさっぱりで、錆びてしまったままでした
先日のすてきな出会いに、温かいこころと勇気をいただきました!

toyukiさん読んでいただいて、またメッセージもいただきまして、
こちらこそありがとうございました♪~

この記事へのトラックバック